OXFORD UNIVERSITY PRESS

学術・一般書

Academic,Professional ans General

What's New?

「史上最も影響力のある科学書」にThe Selfish Gene

優れたポピュラー・サイエンスの著作を表彰すべく英国王立協会が創設した一般読者向けの書籍賞創設から30年となるのを記念して「史上最も影響力のある科学書」を問う意見調査が実施され、OUPが出版するリチャード・ドーキンスの『The Selfish Gene』(邦題 『利己的な遺伝子』)が得票1位に輝きました。王立協会によれば、投票参加者は『The Selfish Gene』を「最高傑作」、著者を「卓越したコミュニケーター」と評価し、この本との出会いがいかに物の見方や科学に対する考え方を根本から覆したかを投票理由に挙げる声が多く寄せられたそうです。

1,300人以上が参加したこの投票では、全体の18%が1位を獲得したドーキンスの作品に集まりました。次点はビル・ブライソン著『人類が知っていることすべての短い歴史』、こちらと僅差で3位に選ばれたのはOxford World’s Classicsからも刊行しているチャールズ・ダーウィンの『On the Origin of Species』 (邦題 『種の起源』)でした。

遺伝子が近いもの同士であればあるほど、(遺伝子レベルで)利己的に振る舞うことが、遺伝子の目的が生きのびることという意味において理に適っている、と遺伝子の視点から進化を論じる『The Selfish Gene』は、初版を1976年OUPから刊行しており、以降増補などを行いながら40年に渡り展開してきたベストセラーです。

今回の投票の詳細については、ぜひ王立協会のウェブサイトをご覧ください。

(2017年9月4日)

NEW 2016年ベストセラー
2016年のベストセラーをご紹介いたします。注目の学術書やテキスト、参考書を、今後の研究資料もしくは授業の教科書としてお役立ていただければ幸いです。
新刊リスト
月間ベストセラー
人文、社会、科学、辞事典の売れ筋を分野別にご紹介。
新着情報ご案内メール

研究者、図書館員、書店員の皆様に、新着情報をEメールでご案内。今すぐご登録を

New and Notable Titles

What Eveyone Needs to Know®

Popular Series

vsi

Very Short Introductions

専門家による分析や新しい見解を盛り込み、難解なテーマを分かりやすく解説する入門書シリーズ。 思考を深める無料のリーディングガイドもご利用いただけます。


sign up

Oxford World's Classics

100年以上に渡り世界の多様な古典名著を提供し続けているシリーズ。読者の楽しみを広げるオーディオガイド(mp3)もご利用いただけます。


sign up

Oxford English Dictionary[UKサイト]

時代を超えて広く認められてきた権威ある辞書、オックスフォード英語辞典。


sign up

Oxford Journals

人文社会科学系から医科学系分野までをカバーする300タイトル以上のジャーナルを提供。