OXFORD UNIVERSITY PRESS

オックスフォード大学出版局 中学高等学校教員向けセミナー 2018:広島

[広島開催]中学高等学校教員向けセミナー 2018

  • 4技能5領域
  • リーディング指導
  • アクティブ・ラーニング
  • コミュニカティブ・アプローチ
  • パラグラフ・リーディングほか

 

日 程 2018年12月9日(日)
開 場 10:15
会 場 TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前 カンファレンスルーム3B
広島県広島市南区大須賀町13-9 ベルヴュオフィス広島3階
対 象 英語教育に携わる中学校・高等学校の先生
参加費 入場無料(交通費、宿泊費、駐車場代などの支給はございません)
プログラム
10:15 受付開始
10:30 – 12:00 Rob Peacock (ロブ・ピーコック)「21st Century Skills for the Secondary Classroom」
12:00 – 13:00 休憩
13:00 – 14:30 山本 崇雄「自律型学習者を育てる「教えない」授業デザイン 〜SDGsで教室の学びをリアルな社会につなげる〜」
14:30 – 14:45 休憩
14:45 – 16:15 石井 正仁「Reading 再考」
―― side reader を有効に活用するには ――

以下のフォームに必要事項をご入力のうえお申し込みください。

お申し込みフォーム

講師

写真
石井 正仁 (Masahiro Ishii)東洋大学京北高等学校 主任教諭

東洋大学京北高等学校勤務。単に大学入試だけではなく、「易しい英語の新聞や雑誌が読め、簡単な英語のニュースや易しい英語のテレビドラマが楽しめる」という点に指導のゴールを置き、多読・リスニング等を、通常の英語の授業の中に取り入れる工夫をしながら指導を行っている。また、DVDやインターネットなどの教材を用いて、生徒がより多くの生の英語に触れる機会を用いた授業、パペットを用いての生徒の発話を促す指導なども実践。著者に『ラダーシリーズ・レベル5 Endangered Species』、『ラダーシリーズ・レベル5 Global Warming History, Science and politics』(共にIBCパブリッシング)など。

プレゼンテーション

「Reading 再考」―― side reader を有効に活用するには ――

本プレゼンテーションでは、CEFERやLEXILE、日本における国語教育と読解教育のアプローチ、リーディングとリスニングの不可分の重要性などにポイントを置きながら、リーディング、特に新しいセンター試験で求められるリーディングの力とは何かについて考察します。また、グレイディッド・リーダーやノンフィクションリーダーを副教材として活用するためのコツと具体的な方法をご紹介します。

写真
山本 崇雄 (Takao Yamamoto)東京都立武蔵高等学校・附属中学校 指導教諭

1970年東京都生まれ。都内公立中学校、東京都立両国高等学校・附属中学校を経て、東京都立武蔵高等学校・附属中学校勤務。検定教科書『NEW CROWN ENGLISH SERIES』(三省堂)編集委員。2017年、これからの教育デザインを発信する未来教育デザインConfeito設立。自律した学習者を育てるアクティブ・ラーニングの「教えない授業」を実践。『なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか』(日経BP社)をはじめ、著書は韓国でも出版され注目を集めている。

プレゼンテーション

自律型学習者を育てる「教えない」授業デザイン 〜SDGsで教室の学びをリアルな社会につなげる〜

教室の学びをSDGsを通してリアルな社会課題につなげるプロジェクト型の授業を提案します。手法としてアクティブ・ラーニングの活動を通して自律型学習者を育てていきます。さらに、生徒に学び方を手に入れさせることで教師が「教えない」授業デザインが可能になります。

写真
Rob Peacock (ロブ・ピーコック)オックスフォード大学出版局 教員トレーナー

オックスフォード大学出版局に教員トレーナーとして勤務し、オックスフォード・ティーチャーズ・アカデミーのコースコーディネーターを務めている。日本において14年以上の様々な年齢層の学習者への指導経験および教員サポート、ワークショップの運営経験を有している。

プレゼンテーション

21st Century Skills for the Secondary Classroom

In this workshop we will look at practical activities to teach students vital 21st Century Skills (communication, collaboration, creativity, critical thinking) in the secondary English classroom in Japan.

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
2018年10月5日更新