OXFORD UNIVERSITY PRESS

オックスフォード児童英語教師向けワークショップシリーズ 2020

オックスフォード児童英語教師向け
ワークショップシリーズ

2020年2月~3月全国10都市で開催

概要

Creating empowered 21st century learners

今年度のワークショップでは「グローバル・スキル」に焦点を当て、児童英語教育の現場でいかにグローバル・スキルを授業に取り入れることができるかについて学んでいただける内容になっております。目まぐるしく変化する現代において、グローバル・スキルは子供たちの成功や活躍のために、また彼らが社会の一員として21世紀を生き抜くためにも不可欠なものです。グローバル・スキルにはコミュニケーション力、創造力、批判的思考力、デジタルリテラシーなどが含まれます。これらの関連トピックを取り上げ、英語教育分野で豊富な経験を有する教師トレーナーやベストセラー教材の著者など、多彩な専門家の方々が様々なアプローチを使った指導法をご紹介します。

対象
児童英語教育に興味をお持ちの方
参加費
入場無料
開催地
全国10都市
 
お席に限りがございますので、事前予約がお勧めです。

プレゼンター

カイ・シュエルマー

Oxford Phonics World 共著者

日程:

キャスリーン・カンパ & チャールズ・ビリナ

Magic Time 著者、Everybody Up、Oxford Discover 共著者

外山 節子

English Time 共著者

日程:

バーバラ・ホスキンズ・坂本

Let's Go 共著者

ケビン・チャーチリー

秀明八千代高等学校

西山 哲郎

香里ヌヴェール学院小学校 学校長

日程:

小坂 洋子

国本小学校

佐藤 ケイト

北海道科学大学

日程:

芦川 尚子

オックスフォード大学出版局

ロブ・ピーコック

オックスフォード大学出版局

参加者のコメント

ニュージーランドから帰国後、教室を始めるにあたり勉強をしたく児童英語教師向けワークショップシリーズ に参加しました。プレゼンターの先生はエキサイティングで熱心な方達ばかりで、学んできたことをすぐに教室で試すと子供達は早速賑わっていました。これから教室を始めようとしている先生、もちろんベテランの先生にもおすすめの内容です。

友竹めぐみ(めぐちゃんのフォニックスえいごクラブ)

オックスフォード児童英語教師向けワークショップでは、授業ですぐに実践できる素晴らしいアイデアを学べ、関連教材の展示も充実しています。このワークショップは、プロの英語教師が必要とするすべてのものが一挙に揃っています。

Elly Rachman(埼玉県小学校外国語指導助手)

フォニックスやストーリーテリングなどについてのプレゼンテーションが素晴らしく、感激、感動しました。日本で日本人に英語を教える時に重要な要素がたくさん学べるので、毎年ワークショップを待ち遠しく楽しみにしています。

魚谷宗史(John & Uotani Co.)