OXFORD UNIVERSITY PRESS

【イベントレポート】Community for Success ワークショップ

オックスフォード大学出版局&数研出版 中学高等学校教員セミナー2019

イベントレポート Community for Successワークショップ

 ロブ・ピーコック、オックスフォード大学出版局
中学高等学校教員セミナーの様子1

中等英語教育改革が進むなか、目まぐるしい変化やそれに伴う指導法の変更・改善になどついて気軽に情報交換できる場を求めている先生方は多いのではないでしょうか。昨年度オックスフォード大学出版局は、そんな先生方に向けた参加型ワークショップを静岡と福岡で開催しました。「Community for Success」と題したこのイベントは、支え合い、共により良い英語指導を目指す教員同士のコミュニティーを形成することを目的として行われました。

両日共、各地域より多くの先生方にお集まりいただき、日頃行っている授業の方法や工夫している点などを紹介していただきました。検定教科書のみを使って文法や訳読を中心に指導している先生や、コミュニケーション力を向上させるために副教材として洋書教材を使用している先生などの、異なる指導環境での事例や体験談を聞くことのできる貴重な体験でした。

会の冒頭では、現行の学習指導要領における「批判的思考力」や「アクティブ・ラーニング」に関する押さえておくべきポイントを見ていき、実際にどのような指導を行っているかを数名の先生方よりお伺いしました。その後、参加者同士のディスカッションを行い、プレゼンテーションを練習させるためのアイデア、評価の仕方、検定教科書と副教材の併用の仕方、大学入試改革に伴う変更事項への対処・対策法、デジタル教材の活用法、ペアワークの重要性など、あらゆる議題について意見を交換しました。

全体を通して、各自が発表する時間とグループで活発にディスカッションする時間が十分に設けられ、先生方が日頃抱えているお悩みとそれに対する実践的な解決策を徹底的に話し合いました。司会進行を務めていただいた経験豊富な専門家や現役教員のスムーズなリードにより、程よいペースで充実したセッションを進めることができました。

参加者の先生方には、授業内で起こりうる様々な問題についても挙げていただき、生徒間の学力差にどう対応するか、英語が苦手な生徒をどう授業についてこさせるか、どうやってペアワークやグループワークに積極的に参加させるか、授業内容と宿題や家庭学習をどう繋げるか、など多くの課題について話し合いました。こういった問題は簡単に解決できるものではなく、授業環境を改善させるにも時間はかかるものですが、参加者の先生方には状況改善のための有益なアイデアやアドバイスを交換していただくことができたようです。

オックスフォード大学出版局では、これらワークショップイベントが盛況に終わったことを受け、今年度も同様のイベントを開催する運びとなりました。このイベントは、毎年開催している「中学高等学校教員向けセミナー」の一部プログラムとして催す予定で、より多くの英語教育関係者の方々に意見交換の場を提供すると共に、実践的なアイデアを持ち帰っていただくことを目的としています。ぜひこの機会にご参加いただき、より良い英語教育を目指すコミュニティーを作りましょう!

 Rob Peacock, Oxford University Press
中学高等学校教員セミナーの様子1

As secondary English education reform continues in Japan, many teachers are looking for chances to speak with their fellow educators in a relaxed environment about the best way to respond to the rapid changes taking place and update their teaching methods. Last year, I participated in two workshops in Shizuoka and Fukuoka that were developed to address this situation. Called Community for Success, their aim was to build a community of teachers who support each other to be successful in their teaching.

At each workshop, teachers from schools around the local area came together; bringing with them their different approaches to English education. Some only used ministry-approved textbooks and were more focused on grammar and translation; others used or had experience using a foreign publisher’s textbook as supplementary material and were looking to improve their students’ communication skills.

To start, we reviewed important points about the current course of study for secondary English classes, such as critical thinking and active learning. After that, we heard from several teachers about their classes. A number of important topics were discussed, including: ideas for presentation practice; how to evaluate students; how to balance using ministry-approved materials with a foreign publisher’s text; how to react to changes in the system for university entrance exams; use of digital materials; the importance of pair work; and many more.

Through short presentations and lively group discussions, participants talked candidly about a variety of issues which affect their everyday work and exchanged practical ideas. Experienced educators facilitated the discussions and shared their expertise, keeping the day productive and well-paced.

Teachers also spent time describing some of the challenges they face in the classroom. We talked about coping with different levels of ability among the students, helping the lower-level students keep up with the class, how to encourage students to take part in pair and group work and how to link classroom contents with study at home. Though there are no simple solutions to such problems and improving the classroom environment takes time, the teachers found it useful to share and get advice from their peers.

This year, we are building on the success of these two events and holding similar workshops across the country as part of our seminars for secondary teachers, giving even more educators the chance to take part in the discussions and take home practical ideas for their classrooms. We hope you’ll join us and become part of our community for success!