OXFORD UNIVERSITY PRESS

What Everyone Needs to Know

What Everyone Needs to Know

What Everyone Needs to Know® (WENTK) シリーズは、複雑な問題を抱える事象や地域について偏りのない解説を提供するシリーズです。国際政治・情勢や環境問題をはじめ、科学技術分野、宗教、そして精神世界まで、取り扱いトピックは多岐にわたります。いずれも一流の専門家による簡明な解説をQ&Aで構成し、門外漢にも手に取りやすいものとなっています。日頃、見聞きするあのニュースの背景とは?さまざまな問題と向き合っていくのに欠かせない知識を読者に提供します。

News

PTSDをめぐる5つの疑問

新刊『PTSD: What Everyone Needs to Know®』は広く一般読者に向けて、科学的根拠を示しながら、心的外傷(トラウマ)について解説するものです。PTSD(心的外傷後ストレス障害)は成人の7%がその生涯の中で何らかの影響を受けている精神医学的障害の一種です。しばしば世間の耳目を集める疾病ながら、誤解や誤認も少なくありません。本書は気軽に読むことのできるQ&A形式で、PTSDとそれが及ぼす影響や治療についての正確な知識を持つこと、心の傷となるような経験が私たちの人生や日常、そして社会にどのような影響を及ぼすのかを知ることの大切さを紐解くものです。

医療の専門家に助けを求めるべき患者が受診に二の足を踏んでしまうのはなぜなのでしょうか。OUPblogでは、著者のシーラ・A・M・ラウチ(米・エモリー大学精神医学・行動科学部心理学教授)とバーバラ・ロスバウム(同大学医学部臨床研究副部長、精神医学教授)が、この疑問をめぐる5つの疑問に答えています。

(2020年8月20日)

Features

WENTK 取扱タイトル一覧

商品検索

新着情報ご案内メール

研究者、図書館員、書店員の皆様に、新着情報をEメールでご案内。今すぐご登録を