OXFORD UNIVERSITY PRESS

Oxford News

 プレスリリース

日付 ニュース
2019年07月16日 夏期全社休業日のお知らせ

8月15日(木)と16日(金)の2日間は夏期全社休業日となりますので、予めご了承ください。

2019年06月26日 スタッフ募集: SCM(Supply Chain Management)担当

オックスフォード大学出版局の東京事務所では、Supply Chain Managementの担当者を募集しております。詳細につきましては、採用情報欄をご確認ください。

2019年06月12日 ORT音声シール ステージ6~9新発売及び音声ペン販売再開のお知らせ

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)専用の音声ペンと音声シールは、発売以来、おかげさまで多くの皆様にご愛用いただいております。この度、新たにステージ6~9に対応した音声シールのお取り扱いを開始いたしましたのでご案内いたします。同商品は当ウェブサイトでお求めいただけます。併せて、人気商品につき一時在庫切れとなっておりました音声ペンが、ステージ1~9の全パックに対応しバージョンアップして販売を再開いたしました。詳細とご購入は各商品ページをご覧ください。

2019年06月05日 「学習評価」に関するポジションペーパーを公開しました

フィードバックは、いかに学習と教育の質の向上をもたらすのか――。「Effective Feedback: The Key to Successful Assessment for Learning」では、専門家らが、教育現場における学習評価の有り様について多角的に検証し、効果的な取り組み方のヒントを示します。詳細はこちら

2019年05月20日 OUPの著者が、ピューリッツァー賞を受賞しました

権威あるローズ奨学金のアフリカ系アメリカ人初の受給者であり、ハーレム・ルネサンスの創始者とも称される哲学者アラン・ロックの評伝『The New Negro: The Life of Alain Locke』(2018年 OUP刊)の著者、ジェフリー・C・スチュワート教授に、ピューリッツァー賞(伝記部門)が授与されました。同書は既に全米図書協会選出2018年全米図書賞ノンフィクション部門、2019年PROSE賞バイオグラフィー部門ほか、多数の受賞実績を重ねており、今回の受賞はこれらに続く快挙です。賞の詳細はこちら

2019年05月20日 ホームティーチャー向けワークショップを初開催

プライベートレッスンや少人数クラスを受け持つ先生方を対象とした一日集中型ワークショップ「Teaching Kids At Home」を、2019年7月21日(日)に東京にて開催いたします。同ワークショップでは、実践的なアクティビティや授業運営のアイデアを多数ご紹介。要予約。詳細はこちらから。

2019年05月07日 オックスフォード・ビッグ・リード 2019 を開催

読書コンテスト「オックスフォード・ビッグ・リード 2019」の申し込み受付を開始しました。今回で7回目の開催となる同コンテストは、例年、英語の本を読むことの楽しみを広げるきっかけとして全国の先生方にご活用いただいています。今年も皆様の積極的なご参加をお待ちしています。詳細はこちら

2019年03月19日 Let's Go第5版 オンライン限定 教師向けパックのご案内

Let's Go は 授業に活気を与え、子どもたちの自然な発話を促すようデザインされた児童英語教材。弊社ウェブサイトでは、最新版のスチューデントブックと指導に役立つ補助教材のセットを期間限定特別価格でご提供中。詳細はこちら

2019年03月15日 Over 50% OFF: 「ORT」セットをOUP Japan ウェブサイト限定価格でご提供

オックスフォード・リーディング・ツリー「Read with Biff, Chip & Kipper」シリーズのレベル1~3の全32話と保護者用ガイド(英語)の合計33冊を収録したセットを、当ウェブサイト限定価格にてご提供しています。英語に親しみ始めた子供たちにぴったりのリーダーです。詳細はこちら

2019年03月15日 NYタイムズベストセラーにも選ばれた話題の書がペーパーバックに

人類史はこの10年、古代の骨から抽出した全ゲノムデータの解析により飛躍的進展を遂げています。「ネイチャー」誌が選ぶ全科学分野における最も重要な10人にも選ばれているヒト古代DNA分析の世界的パイオニアが、その成果を一般読者向けに解説した『Who We Are and How We Got Here』は、2018年にNYタイムズベストセラーとなり注目を集めました。このほど、同書のペーパーバック版も登場。お手に取っていただけますと幸いです。詳細はこちら

2019年03月01日 英語教育に関する最新のポジションペーパーを公開

昨今の英語教育に関する見解をまとめた「The Role of the First Language in English Medium Instruction」では、学習者の母語を学習に組み込むことが、英語力の向上に好影響をもたらすと示しています。このポジションペーパー(英語)は、弊社ウェブサイトよりダウンロードいただけます。詳細はこちら

2019年02月01日 オックスフォード・ビッグ・リード 受賞者発表

オックスフォード・ビッグ・リード2018の最優秀賞、優秀賞、佳作作品を特設サイトで公開しています。ご応募いただいた全ての生徒の皆さん、先生方、そして学校関係者の方々に心より感謝申し上げます。今年度の受賞作品はこちら

2019年01月18日 学術・一般書の Best of 2018発表

2018年、日本国内で多くのお客様に支持されたオックスフォード大学出版局の学術・一般書を弊社ウェブサイトにて公開しています。定番の教科書から日本に関するタイトルまで、人気のラインアップをぜひご覧ください。学術・一般書ベストセラーはこちら

2018年12月11日 児童英語教師向けワークショップ2019の開催日程が決定しました

児童英語教材の著者や経験豊富なティーチャートレーナーらが、インタラクティブですぐに使えるレッスンのアイデアの数々をご紹介する、恒例のワークショップツアー。2019年は全国12都市にて開催します。詳細および事前予約はこちらから。

2018年11月19日 Oxford Day 2018 開催のご報告

去る10月21日に開催いたしましたOxford Day 2018は、おかげさまで多くの方々にご来場いただき、盛況のうちに終了することができました。マイケル・スワン氏、キャサリン・ウォルター氏をはじめとする国内外の専門家らを交え、知見の共有や交流が活発に行われた当日の様子の一部をご紹介します。
ハイライト動画を見る

2018年10月16日 OUPの書籍がESSE(欧州英語学会)の書籍賞を受賞

第14回欧州英語学会にて、キャサリン・マクスウェルのモノグラフ『Scents and Sensibility: Perfume in Victorian Literary Culture』(OUP刊)が、2016年から2017年の間に出版された書籍を対象とした書籍賞の文学部門のカテゴリーA(英語学)に選出されました。選考理由など、ESSE Book Awardsの詳細はこちら

2018年10月16日 OUPのグレイディッド・リーダーがLLL賞を受賞

弊社刊 Bookworms シリーズの『Emma』と Classic Tales シリーズ『Mulan』が、2018年Language Learner Literature 賞を受賞しました。Extensive Reading Foundationが主宰する同賞は6部門から成り、毎年、部門ごとに英語学習者向け文学作品のもっともすぐれた新刊を選出し表彰しています。今年は、弊社刊 Oxford Read and Imagine シリーズの『It's Hot』『The Snow Tigers』『Hope on Turtle Island』も、同賞の最終候補に選出されました。詳細はこちら

2018年08月30日 Oxford Reading Tree 音声ファイルのストリーミング化について

ORT Resource Centre(旧Download Centre)にて、ダウンロード形式でご提供しておりました音声ファイルにつきまして、2018年8月末をもってストリーミング形式へと移行させていただきました。ご利用の皆様におかれましては、ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします。ダウンロードによる端末への負担の軽減されたストリーミング音声を、引き続きご利用いただけましたら幸いです。

2018年08月29日 OUPの著者がLongman-History Today書籍賞を受賞

今年のLongman-History Today のBook of the Yearに、Oxford Historical Monographシリーズから昨年出版したエミリー・ジョーンズの『Edmund Burke & The Invention of Modern Conservatism, 1830–1914』が選出されました。19世紀の歴史の中でバークの遺産がどのように最も重要な政治思想のひとつへと変容を遂げたかを考察する著述です。受賞作は著者の博士論文を書籍化したもので、フィナンシャルタイムズ紙のトニー・バーバーによる書評をはじめ、History Today’s Best History Books of 2017などのメディアで高い評価を得ていました。賞の詳細はこちら

2018年05月29日 日本語版リーダーカタログが出来上がりました

Oxford BookwormsやDominoes、Read and Discover ほか、多読や精読の指導にご活用いただけるリーダーシリーズを一挙に紹介する2018年版グレイディッドリーダーカタログが出来上がりました。一部のシリーズを除き、各タイトルのあらすじを日本語で掲載しています。リーダーの選定にぜひご利用ください。カタログの閲覧、ダウンロードはこちらから。

2018年04月25日 Very Short Introductions(VSI)のカタログが新しくなりました

今後の刊行予定を追加し、約1年半ぶりにVSIカタログを一新いたしました。A5版、全96頁。
ご希望の方は、ag.japan@oup.com まで、①カタログ番号 「JP001074」 ②お名前(フルネーム) ③送付先ご住所 ④電話番号 ⑤ご希望部数を、Eメールにてご連絡下さい。 

2018年04月20日 OUPのリーダーがLLL賞にノミネートされました

弊社刊のグレイディッド・リーダー5タイトル、『It's Hot 』(Oxford Read and Imagine)、『Mulan』 (Classic Tales)、『The Snow Tigers』 (Oxford Read and Imagine)、『Hope on Turtle Island』 (Oxford Read and Imagine) 、『Emma』 (Oxford Bookworms)が、今年のLanguage Learner Literature 賞の最終選考にノミネートされました。The Extensive Reading Foundationが主宰する同賞は6部門から成り、毎年、部門ごとに英語学習者向け文学作品のもっともすぐれた新刊を選出し表彰しています。今年の受賞作の発表は10月に予定されています。

2018年02月20日 OUPの著者がBen Warren 賞を受賞

ディスレクシアの生徒への英語指導について多角的に考察した『Supporting Learners with Dyslexia in the ELT Classroom』(2017年 オックスフォード大学出版局刊)の著者 Michele Daloiso が、The Ben Warren-International House Trust Prize を受賞しました。同賞は、2年に一度、言語教師教育の分野におけるもっとも優れた著作に贈られます。Daloiso 氏は、イタリア Ca’ Foscari 大学で英語とイタリア語を指導するほか、障害を持つ学習者のための多様な学びを探究するDEAL Research Groupのディレクターも務めています。

2018年01月30日 学術・一般書の Best of 2017 発表

2017年、日本国内で多くのお客様に支持されたオックスフォード大学出版局の学術・一般書を公開しています。日本に関するタイトルから定番の教科書まで、人気のラインアップをぜひご覧ください。学術・一般書ベストセラーを見る

2017年12月19日 「youthquake」が2017年の言葉に決定しました

Oxford Dictionaries Word of the Year 2017に、「若者の主体的な関わりが文化・政治・社会にもたらす劇的な変化」を意味する「youthquake」が選ばれました。この言葉は、英国で6月に実施された総選挙で、野党労働党が若年層の支持を得て躍進したことを受けて頻繁に使用されるようになり、統計では、年間で昨年比5倍ほどの頻度で用いられたことが示されています。Oxford Dictionaries Word of the Year 2017の詳細はこちら

2017年10月10日 2018年度版ELTカタログができあがりました

弊社の2018年度版 英語教育教材カタログが完成しました。今回もデジタル版と印刷版をご用意しております。日頃の授業やご指導にお役立ていただける教材が見つかれば幸いです。PDF版カタログの閲覧・ダウンロードや、印刷版のご請求はこちらから。

2017年09月04日 「利己的な遺伝子」が"最も影響力のある科学書"に選出

英国王立協会が書籍賞創設30周年を記念して実施した意識調査で、リチャード・ドーキンスの『The Selfish Gene』(OUP刊)が「史上最も影響力のある科学書」の得票数第1位に輝きました。同書は邦訳『利己的な遺伝子』(紀伊國屋書店刊)を通して、日本国内でも広く親しまれています。同調査のランキングには、ビル・ブライソンの『人類が知っていることすべての短い歴史』、チャールズ・ダーウィンの『種の起源』などが続きました。詳細は英国王立協会のホームページでご覧いただけます。

2017年07月28日 Oxford English Dictionary CD-ROM版に関する重要なお知らせ

2017年7月31日をもって日本市場専売品として販売して参りました『正規輸入版 Oxford English Dictionary Second Edition on CD-ROM Version 4.0』(ISBN: 9780193955004)および同『アップグレード版』(ISBN: 9780193955011)の販売を終了させていただくことになりました。日本支社では技術的に可能な範囲で上記2商品のテクニカルサポートを 2018年7月31日まで継続いたします。(受付はこちら
なお、日本国外で販売されてきた同商品(ISBN: 9780199563838、9780199565948)ならびにOED第2版20巻とCD-ROM(ver. 4.0通常版)をセット組にした商品(ISBN: 9780199573158)も同時に販売終了となります。これらのサポートについては英国本局の窓口にて2018年7月31日まで受け付けております。
2009年5月の発売以来、これらの商品をご愛顧くださったお客様に心より感謝申し上げます。本件につきましてはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2017年07月04日 OUPの著者が国基研 日本研究賞を受賞

弊社刊『The Middle Kingdom and Empire of the Rising Sun: Sino-Japanese Relations, Past and Present』(2016年)の著者、ジューン・トーフル・ドレイヤー教授(マイアミ大学)が、国家基本問題研究所第4回国基研 日本研究賞を受賞しました。同賞は、日本に帰化した一世を含む外国人研究者を対象とした賞で、「政治、経済、安全保障、社会、歴史、文化の各分野で、日本に対する理解を増進する内外の優れた日本関係研究」に対し贈られます。今回の選出に当たっては、同書における日中関係についての考察の客観性や中立性が高く評価されました。

2017年05月16日 OUP刊のチーズ事典が料理界の「オスカー」、ジェームズ・ビアード賞を受賞

『The Oxford Companion to Cheese』が、米料理界で最も権威あるジェームズ・ビアード財団が選出する2017年ジェームズ・ビアード財団賞の書籍賞(参考図書・研究書部門)に輝きました。本書はチーズに的を絞って専門的に扱う事典としては初の出版物であり、歴史、文化から製法や製造にいたるまで855の見出し語を採録しています。OUPの事典は昨年の『The Oxford Companion to Wine』(飲料書部門)に続き、2年連続での受賞となりました。

2017年05月09日 オンライン限定、ORT多読パックCD付き版発売のご案内

多くのお客様のご要望にお応えし、オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)の「多読パック」のCD付き版を発売しました。ORTのステージ1+からステージ9までの全30パック(合計180冊)と音声CD(全30枚)が入ったお得なパックで、これから多読を始める中学・高校、図書館用に最適です。同商品は弊社ウェブサイトのみにてお求めいただけます。詳細とご購入はこちら

2017年05月02日 OUPの刊行物が米国地理学会の書籍賞を受賞

エリック・シェパード教授(UCLA地理学部長)が昨年OUPから出版した『Limits to Globalization: The Disruptive Geographies of Capitalist Development』が、米国地理学会(AAG)の書籍賞のひとつ、「メリディアン学術殊勲賞」を受賞しました。AAGは60か国以上の国々から10,000人以上の研究者が参加する北米最大の地理学会で、本賞は前年に出版された地理学者の単著か共著で、地理学研究に重要な貢献のあった書籍に対し与えられるものです。

2017年02月24日 OUPの音楽事典がデヴィッド・ボウイ回顧展で紹介

The Oxford Companion to Music

東京都内で開催中のデヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』で、ボウイがファースト・アルバム『David Bowie』(1967年)制作時に記譜法を学ぶのに使用したとして『The Oxford Companion to Music』が紹介されています。同展は、英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が企画し、2013年のロンドン開催を皮切りに世界10都市を巡回しています。アジア唯一の開催国となる日本では、2017年4月9日まで寺田倉庫G1ビル(東京・天王洲)にて開催。日本展の詳細は公式ホームページでご確認いただけます。

2017年01月19日 OUPのアプリがESU Awardを受賞

Say It

Oxfordのアプリ『Say It: Pronunciation from Oxford』が、2016年のESU (English Speaking Union) President's Award(「英語教育における新技術」部門)を受賞しました。同アプリは、OUPの辞書コンテンツや30,000に及ぶモデル発音を通して発音や流暢性の向上を図る教材です。学習者自身の声を録音して画面で波形を確認したり、モデル発音と比較したりしながら発音練習をすることができます。賞の詳細はこちら

2016年11月17日 「post-truth」が今年の言葉に決定しました

Oxford Dictionaries Word of the Year 2016に、「世論形成において、客観的事実が、個人の感情や信念への訴えかけより影響力を持たない状況」を意味する「post-truth」が選ばれました。もともと政治分野の専門用語として用いられることの多かったこの言葉は、今年、英国のEU離脱是非を問う国民投票や米国の大統領選の文脈において頻繁に使用され、一般に広まりました。詳細はこちらをご覧ください。

2016年10月28日 Oxford製品の CD-ROM/Multi-ROMに関する重要なお知らせ

この度、Adobe Flash Playerアップデートに伴い、一部の弊社製品に付属するCD-ROM/Multi-ROMに関してもアップデートが必要となりました。CD-ROM/Multi-ROMのアップデート方法の詳細はこちらのページでご案内しています。同ページでは、更新プログラムと、インストールの手順を掲載しております。アップデート中またはアップデート後に問題が発生した場合、Eメール(eltsupport@oup.com)またはお電話(+44 (0)1865 910007)にてお問い合わせください(英語での対応となりますのでご了承ください)。ご迷惑をおかけいたしますがご理解いただきますようお願い申し上げます。

アップデートが必要な製品:
Show and Tell / Express English for Aviation / Express English for Cabin Crew / Express English for Football / English for Socializing

2016年10月28日 OUPのグレイディッド・リーダーがLLL賞を受賞

弊社刊Dominoesシリーズの『Sherlock Holmes: The Speckled Band』が、2016年Language Learner Literature 賞(Adolescent & Adult: Beginner部門)を受賞しました。Extensive Reading Foundationが主宰する同賞は6部門から成り、毎年、部門ごとに英語学習者向け文学作品のもっともすぐれた新刊を選出し表彰しています。今年は、弊社刊Oxford Bookworms Libraryシリーズの『20,000 Leagues Under the Sea』も、同賞 Adolescent & Adult: Intermediate部門の最終候補に選出されました。詳細はこちら

2016年10月18日 Oxford Kids' Club ウェブサイトリニューアルのお知らせ

新しくなったキッズクラブのウェブサイトには、幼児や児童の英語教育に関するニュースやイベントのご案内、新教材、実践的なアクティビティのヒントなど、日々の指導にお役立ていただける情報が満載です。ぜひご覧ください

2016年09月20日 Oxford iToolsに関する重要なお知らせ

この度、Adobe Flash Playerアップデートに伴い、お客様がお使いのiTools製品に関してもアップデートが必要となりました。 iToolsのアップデート方法の詳細はこちらのページでご案内しています。同ページでは、更新プログラムと、インストールの手順を掲載しております。アップデート中またはアップデート後に問題が発生した場合、Eメール(eltsupport@oup.com)またはお電話(+44 (0)1865 910007)にてお問い合わせください(英語での対応となりますのでご了承ください)。ご迷惑をおかけいたしますがご理解いただきますようお願い申し上げます。

2016年07月12日 ORT音声シール ステージ4、5発売のお知らせ

ORT専用の音声ペンと音声シールは、昨年末の発売以来、おかげさまで多くの皆様にご愛用いただいております。この度、新たにステージ4、5に対応した音声シールのお取り扱いを開始いたしましたのでご案内いたします。同商品は当ウェブサイトでお求めいただけます。詳細は商品ページをご覧ください。

2016年04月11日 OUPが年間最優秀出版社賞を受賞しました

去る3月17日、サリー州ドーキング近郊のウォットン・ハウスで開催された英・アイルランド書店協会(The Booksellers Association of the UK and Ireland)のAPS(専門書)委員会2016年度年次大会にて、OUPが最優秀出版社賞を受賞いたしました。同委員長でブラックウェル社小売販売部長のスコット・ハミルトン氏は「今年の受賞者は書店業界に広まっている高い手腕・革新性・精力的な活動を体現しており、候補の多くが高得点を得るなど接戦だったが、これは専門書出版の活発な状況の証左と言えるのではないか」と評しました。詳細についてはこちらをご覧ください。

2016年02月17日 OUPの著者がBen Warren 賞を受賞

言語教育における教育心理学や社会心理学について考察した『Exploring Psychology in Language Learning and Teaching: Oxford Handbooks for Language Teachers』(2015年 オックスフォード大学出版局刊)の著者 Marion Williams、Sarah Mercer、Stephen Ryan が、The Ben Warren-International House Trust Prize を受賞しました。同賞は、2年に一度、言語教師教育の分野におけるもっとも優れた著作に贈られます。同書の著者の一人である Stephen Ryan 専修大学教授は、日本を拠点に言語学習における心理学に関する多角的な研究を行っています。

2015年11月20日 「うれし泣きの表情」を示す絵文字が今年の言葉に決定しました

Oxford Dictionaries Word of the Year 2015に「うれし泣きの表情」を示す絵文字が選ばれました。1990年代の後半頃からインターネットを介したコミュニケーションで使われはじめた絵文字は、時を経て世界中で使われるようになりました。Oxford University PressとSwiftKey社の共同調査により、「うれし泣きの表情」は、今年、世界で最も頻繁に使用された絵文字であることが判明しました。詳細はこちらをご覧ください。

2015年09月30日 OALD第9版が登場

弊社は、学習者向け英英辞典のベストセラー『Oxford Advanced Learner's Dictionary』 (OALD)の第9版を9月末に国内発売いたします。同辞書は、語句の意味を調べるだけでなく、スピーキングやライティングのスキル向上を助けるコンテンツも豊富に収録しています。また、改版に際して「shonen」「shojo」といった日本語を起源とする言葉や、SNS、IT関連用語など、約700に及ぶ新語・語義を追加収録しました。詳細はこちらをご覧ください。

2015年08月20日 OUPが大津市の外国語教育指導法に関する研究開発事業者に選定されました

去る6月24日、英語教育の充実を図る滋賀県大津市より、「ICTを活用した外国語教育ティーチングメソッド研究開発業務」の受託業者に選定されました。2017年度まで、大津市内の市立小学校37校に指導案・教材・教員研修を提供していきます。詳細はこちらをご覧ください。

2015年07月03日 OUPの英語教育教材2種がELTons Awardを受賞しました

21世紀型スキルの育成に主軸を置いた教材シリーズ「Oxford Discover」に2015年ブリティシュ・カウンシルELTons Award - Excellence in Course Innovation賞が授与されました。また、学術英語の習得とアカデミック・ライティング・スキルの向上をサポートする画期的な辞書『Oxford Learner’s Dictionary of Academic English』が同Innovation in Learner Resources 賞を受賞しました。ELTons Awardは、毎年、英語と英語教育の分野において、顕著な貢献や優れた功績をなした人物と出版物に対して贈られます。

2015年07月03日 OUPの著者がELTons Awardを受賞しました

言語学、英語教育研究の第一人者として世界的に活躍するヘンリー・ウィドウソンに、2015年ブリティッシュ・カウンシルELTons Award - Lifetime Achievement賞が授与されました。同賞は英語教育分野で最も権威ある賞のひとつで、長年にわたり顕著な功績をあげた専門家に贈られます。氏はオックスフォード大学出版局より『Teaching Language as Communication』などを上梓しているほか、「Oxford Applied Linguistics」シリーズの前アドバイザー、「Oxford Introductions to Language Study」のシリーズエディター、「Oxford Bookworms Collection」のシリーズアドバイザーとしても知られています。

2015年05月25日 OUPの著者が、ピューリッツァー賞を受賞しました

ローマ法王ピウス11世とムッソリーニの知られざる関係を詳らかにした『The Pope and Mussolini: The Secret History of Pius XI and the Rise of Fascism in Europe』(2014年 OUP刊)の著者 デイビッド・ケルツァーに、ピューリッツァー賞(伝記部門)が授与されました。人類学者、イタリア研究の専門家である氏の著作は、これまでに権威ある全米図書賞やマーク・リントン歴史賞の候補に挙がったこともあり、その研究には高い関心が寄せられています。

2015年04月30日 OUPの著者が、Holberg Prizeを受賞しました

英国の作家・批評家 マリーナ・ウォーナーが、人文科学、社会科学、法律、自然科学の分野における優れた研究者に対して毎年贈られる国際的な学術賞Holberg Prizeを授与されました。受賞に当たっては、近著『Once Upon a Time: A Short History of Fairy Tale』(2014年 OUP刊)で取り組んだ、物語や神話と歴史的背景、地理的条件との関係についての分析が高く評価されました。同書は、ストーリーテリングの分野における卓越した書物を表彰するAnne Izard Storytellers’ Choice Awardも受賞しています。ウォーナー氏は、日本では邦訳『野獣から美女へ』(2004年 河出書房新社刊)でも知られています。

2015年03月09日 オックスフォード・リーディング・ツリーFacebookページ開設のお知らせ

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)日本広報部のFacebookページを開設いたしました。 最新の情報を随時配信していく予定です。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いいたします。 アドレスは以下の通りです。ぜひご覧ください。www.facebook.com/ORT.Japan

2015年02月03日 OUPの著者が西洋古典学研究で権威ある学会賞を受賞

2013年刊行の 『Early Greek Mythography: Volume 2: Commentary』にまとめられた研究で、著者の ロバート・L・ファウラー(ブリストル大教授)が権威ある西洋古典学会のチャールズ・J・グッドウィン賞を受賞しました。受賞理由となった上記タイトルは、アクーシラーオスやヘカタイオスといった紀元前6世紀から4世紀の神話学者による、これまで散逸していた初期のギリシャ神話の断片を収集・収録した同書の Volume 1 の注釈書として刊行したものです。神話研究と文献学の観点から、神話の断片に立体的な視野を与えてくれる本書は、注釈書の新たな手本となり得ると賞賛されています。

2015年01月15日 OUPの学術書が各種図書賞を受賞

英国ルネサンス期の文学やチューダーからスチュアート朝戯曲の優れた研究を表彰するエリザベス・ディーツ記念賞にブライアン・カミングスの『Mortal Thoughts: Religion, Secularity, & Identity in Shakespeare and Early Modern Culture』が、英リバーヒューム財団のフィリップ・リバーヒューム賞(歴史部門)に『Medieval Violence: Physical brutality in Northern France, 1270-1330』の研究でハナ・スコーダが、そして英企業史料協議会が優れた英国企業史研究に授与するワーズワース賞に、リチャード・ロバーツの『Saving the City: The Great Financial Crisis of 1914』が選出されました