OXFORD UNIVERSITY PRESS

オックスフォード児童英語教師向けワークショップシリーズ 2018

児童英語教師向けワークショップシリーズ

Motivate, Encourage and Empower:子供たちの成長を助け、学ぶ力を養う指導法

オックスフォード大学出版局は毎年ご好評いただいている児童英語教師向けワークショップを、2月から3月にかけて全国10都市で開催いたします。児童英語教材の著者や経験豊富なティーチャートレーナーらが、インタラクティブですぐに使えるレッスンのアイデアの数々をご紹介いたします。楽しく役に立つ情報満載のこのワークショップシリーズには無料でご参加いただけます。お席に限りがございますので事前予約がお勧めです。スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

対 象
児童英語教育に興味をお持ちの方
参加費
入場無料
お申し込み
オンライン予約フォームにてご予約のうえ、ご参加いただきますようお願いいたします。お席に限りがございますので、お早目のご予約をおすすめします。
ワークショップの様子1

2017年 横浜会場のワークショップの様子

個人予約

団体予約

事前予約の上ご参加頂いた方全員に、会場にてプレゼントを差し上げます。

日程・会場

会場
  • の付いたワークショップは日本語で行われます。
2018年2月11日(日)
[開場:10:00]
大阪
大阪府大阪市淀川区宮原 1-6-1
プレゼンター:
ロブ・ピーコック、外山節子、キャスリーン・カンパ&チャールズ・ビリナ、バーバラ・ホスキンス・坂本
協力:紀伊國屋書店梅田本店
2018年2月24日(土)
[開場:10:00]
仙台
宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER 30F
プレゼンター:
カイ・シュエルマー、ケビン・チャーチリー、ロブ・ピーコック、バーバラ・ホスキンス・坂本
協力:丸善仙台アエル店
2018年2月25日(日)
[開場:10:00]
東京
東京都渋谷区代々木 3-25-3
プレゼンター:
キャスリーン・カンパ&チャールズ・ビリナ、バーバラ・ホスキンス・坂本、カイ・シュエルマー、ケビン・チャーチリー
協力:丸善丸の内本店
2018年3月3日(土)
[開場:10:00]
岡山
岡山県岡山市北区駅元町 14-1
プレゼンター:
キャスリーン・カンパ&チャールズ・ビリナ、ケビン・チャーチリー、芦川尚子
協力:丸善岡山シンフォニービル店
2018年3月4日(日)
[開場:10:00]
札幌
北海道札幌市中央区北1条西13丁目
プレゼンター:
鈴木祐子、ロブ・ピーコック、志村昭暢
協力:紀伊國屋書店札幌本店
2018年3月10日(土)
[開場:10:00]
横浜
神奈川県横浜市中区長者町5-85 三共横浜ビル 3F
プレゼンター:
外山節子、ケビン・チャーチリー、仲田利津子、芦川尚子
協力:紀伊國屋書店横浜みなとみらい店
2018年3月10日(土)
[開場:10:00]
鹿児島
鹿児島市東千石町 2-30 NCサンプラザ 2F
プレゼンター:
ロブ・ピーコック、ダリル・ヘイウッド、キャスリーン・カンパ&チャールズ・ビリナ
協力:紀伊國屋書店鹿児島店
2018年3月11日(日)
[開場:10:00]
福岡
福岡県福岡市博多区博多駅前4-11-18
ホテルサンライン福岡博多駅前 2F
プレゼンター:
ダリル・ヘイウッド、ロブ・ピーコック、キャスリーン・カンパ&チャールズ・ビリナ、鈴木祐子
協力:紀伊國屋書店福岡本店
2018年3月17日(土)
[開場:10:00]
金沢
石川県金沢市北安江 3-2-20
プレゼンター:
仲田利津子、ケビン・チャーチリー、外山節子
協力:紀伊國屋書店金沢大和店
2018年3月18日(日)
[開場:10:00]
名古屋
愛知県名古屋市中区錦 1-18-22 名古屋 AT ビル 2F
プレゼンター:
キャスリーン・カンパ&チャールズ・ビリナ、外山節子、ロブ・ピーコック、鈴木祐子
協力:丸善名古屋本店

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
(2017年1月22日更新)

プレゼンターおよびプレゼンテーションの詳細 (順不同・敬称略)

写真
仲田利津子Let's Go 共著者
IIEEC英語教師トレーニングセンター創設者。30年以上にわたりアジア諸国で教師養成に携わる仲田利津子氏は、IIEEC-オックスフォード大学出版局・児童英語教師認定コースで紹介されるMATメソッドの開発者であり、ベストセラー児童英語教材Let's Goの共著者としても知られています。
タイトル多感覚を用いた4技能の指導法
私たち教師はそれぞれの教科に最も適した教え方をするべきです。言語活動においては複数の感覚を使用するため、最も効果的な指導法は多感覚を用いた方法ということになります。特に1週間に英語に触れる機会が多くない生徒には、毎回の授業できちんと各4技能を採り入れて指導していきたいものです。
Presentation Schedule:
3月10日 横浜 / 3月17日 金沢
写真
バーバラ・ホスキンス・坂本Let's Go 共著者
20年以上にわたる米国でのESL指導、日本でのEFL指導経験を有するバーバラ・ホスキンス・坂本氏は、ベストセラー児童英語教材Let's Goの共著者としても有名です。また、ELT Blog Awardを受賞した自身のブログTeaching VillageやWiki、Facebook、Twitterなどで英語教育に関する様々な情報を発信しています。
タイトル多感覚を用いた4技能の指導法
私たち教師はそれぞれの教科に最も適した教え方をするべきです。言語活動においては複数の感覚を使用するため、最も効果的な指導法は多感覚を用いた方法ということになります。特に1週間に英語に触れる機会が多くない生徒には、毎回の授業できちんと各4技能を採り入れて指導していきたいものです。
Presentation Schedule:
2月11日 大阪 / 2月24日 仙台 / 2月25日 東京
写真
キャスリーン・カンパ & チャールズ・ビリナMagic Time 著者、Everybody Up、Oxford Discover 共著者
児童英語教材Magic Time、Everybody Up、Oxford Discoverの共著者であるキャスリーン・カンパ氏とチャールズ・ビリナ氏は、日本における英語指導者、また教師トレーナーとして、25年におよぶキャリアを有しています。子供たちの目をまわりの世界に向けさせ、様々な気づきを与えながら英語の流暢性を高めていく「探求型教授法」を提唱し、精力的に活動を続けています。
タイトル子どもたちは集中して聞いていますか?

子どもたちが以前に比べて先生の話を集中して聞かなくなったと感じることはありますか?テクノロジーの普及やペースの速い生活が、子どもたちの気を散らす要因となっているとも言えるでしょう。生徒たちの注意を引き付け、集中して話を聞かせるようにするにはどうすればよいでしょうか。

このプレゼンテーションでは、集中して聞くことができるように、そしてもっと上手く話せるように、教師は実際にどのように指導するべきかをデモンストレーションします。Everybody Up (第2版)の語彙、文法、歌、ストーリーを取り上げながら、リスニング強化のための様々な指導法をご紹介します。

Presentation Schedule:
2月11日 大阪 /2月25日 東京 / 3月3日 岡山 / 3月10日 鹿児島 / 3月11日 福岡 / 3月18日 名古屋
写真
外山節子English Time 共著者
ベストセラー児童英語教材 English Timeの共著者として有名な外山節子氏は、敬和学園大学の客員教授および津田塾大学オープンユニバーシティで講師を務めるとともに、NPO にいがた小学校英語教育研究会(PENの会)の理事として小学校教諭を指導するなど、幅広い活動を行っています。
タイトル15分モジュール授業を充実させましょう
2020年、小学校5-6学年で英語が教科になります。2018年度からの先行実施では、現行より増える1コマを15分のモジュールとして組み込む可能性があります。15分はあっという間です。準備して意味のある授業をしましょう。このプレゼンテーションでは、子どもが主体的に学習でき、前時・次時と一貫性のある15分の活動作成を提唱し、小学校で実践した活動例を紹介します。
Presentation Schedule:
2月11日 大阪 / 3月10日 横浜 / 3月17日 金沢 / 3月18日 名古屋
写真
カイ・シュエルマーOxford Phonics World 共著者
児童英語教材Oxford Phonics Worldの共著者であるカイ・シュエルマー氏は、20年以上の英語指導経験を有し、神戸の須磨学園にてオーラルコミュニケーションの指導およびインターナショナルプログラムの運営に従事しています。アクティブで笑いの絶えない氏のワークショップは常に評判です。
タイトルすべての授業を有意義なものに
「フォニックス」と聞くと多くの人は、文章全体の深い理解に重点を置かず、読み書きのためだけのスキルを養う、単調な積み上げ式の訓練だと思いがちです。しかし、はたして本当にそうでしょうか。このプレゼンテーションでは Oxford Phonics World の共著者カイ・シュエルマーが、流暢性を高める指導やアクティブラーニング、クリティカルシンキングをフォニックス指導に取り入れることが、幼少期のリテラシー教育の各段階において、いかに重要で効果的かについて検証します。
Presentation Schedule:
2月24日 仙台 / 2月25日 東京
写真
ケビン・チャーチリー秀明高等学校
ケビン・チャーチリー氏は、日本、シンガポール、英国の児童や生徒に対する28年以上の英語指導経験を有し、長きに渡りストーリーの力を用いて語学の授業を活気づけるストーリーテラーとしても活躍しています。現在は埼玉県内の私立高等学校にて教鞭を執っています。
タイトルOxford Reading Treeの秘めた力を解き放つ

ストーリーは学習を活気づけます。またストーリーには「高める」「動機づける」「引き込む」「強化する」等のはたらきがあります。

このプレゼンテーションでは英語指導やストーリーテラーとして活躍中のケビン・チャーチリー氏がOxford Reading Treeの秘めた力を解き放ち、子どもたちを引き付ける読み聞かせの秘訣を伝授します。授業に読み聞かせを採り入れたい先生方、必見です。

Presentation Schedule:
2月24日 仙台 / 2月25日 東京 / 3月3日 岡山 / 3月10日 横浜 / 3月17日 金沢
写真
鈴木祐子ABC4YOU自由が丘教室
英語教室「ABC4YOU 自由が丘」を主宰し、幼児から大人までを指導する鈴木祐子氏は、絵本の読み聞かせ、歌、多読指導などを得意分野としています。全国の高校教諭とともに ’使える’ 英語力の教育方法を研究実践中。慶應義塾大学大学院(化学)修了。東京ELT講師として全国を講演。多読カウンセラー。日本多読学会会員。NPO多言語多読正会員。
タイトル「多読」をプラスαして子どもたちの4技能を伸ばしませんか?

易しい本をたくさん楽しみながら読むことで、母語に訳さず、身につけたい外国語をその外国語のまま理解できるようになる「多読」は、近年、注目の学習法です。多読する際、本に音声が付いていれば、大量の流暢な音声を聞きながらたくさん言葉をインプットすることができます。

このプレゼンテーションでは、音声をダウンロードすることのできるProject Xシリーズの本を活用した「多読」を紹介します。「多読」は「読む」「聴く」などのインプットだけではなく、「話す」「書く」のアウトプット力の向上にも寄与します。授業に「多読」をプラスαしてみませんか?

Presentation Schedule:
3月4日 札幌 / 3月11日 福岡 / 3月18日 名古屋
写真
ダリル・ヘイウッド鎮西敬愛学園 敬愛小学校
カナダ(サンダーベイ)出身のダリル・ヘイウッド氏は2007年より日本を拠点とし公立・私立の小学校にて教鞭を執ってきました。大学では英語と地理を専門とする教育学を専攻。現在は鎮西敬愛学園敬愛小学校にて、低学年のフォニックスから高学年の4技能まで幅広く指導しています。タイムマネジメントや教科横断的な指導に関心が高く、趣味ではキャンプを愛好しています。
タイトル期待と現実のバランスを取る
授業中の指導において最も困難なことの一つは現実的な目標設定をすることです。先生が生徒に出来てほしいと思うことと、実際に生徒ができるようになることのバランスを取ろうとするときに直面しやすい課題について検証していきます。与えられた時間と教材を効果的に使い、最大の効果を引き出すにはどうしたらよいかについて考えてみましょう。短期的に結果を求めるだけではなく、時間をかけた長期的な育成とスキル強化は非常に重要です。実際に、フォニックスを基本とする授業から4技能育成型授業へ、いかにスムーズに移行させることができたかを、経験を基に例を挙げながらお話しします。
Presentation Schedule:
3月10日 鹿児島 / 3月11日 福岡
写真
志村昭暢北海道教育大学
高等学校・大学での英語教育に20年以上携わり、現在は北海道教育大学札幌校准教授として、中・高の英語教員と,英語に強い小学校教員を養成しています。専門は英語教育全般で、特に授業分析、言語教師認知、教科書分析、Task Based Language Teaching、早期英語教育等。また、全国英語教育学会 (JASELE) の理事、大学英語教育学会(JACET)Classroom-Centered Research研究会代表も務めています。
タイトル子どもたちのやる気を引き出すコミュニケーション活動の作り方
小学校新学習指導要領において、コミュニケーションを図る素地・基礎となる資質・能力を、実際に英語を用いて互いの考えや気持ちを伝え合う「言語活動」を通して行うとされています。このプレゼンテーションでは、「Let's Go」シリーズのテキスト等を基に、子どもたちの動機づけを高める、すなわち「やる気」を引き出すようなコミュニケーション活動(言語活動とほぼ同じ意味)の作り方を紹介します。
Presentation Schedule:
3月4日 札幌
写真
ロブ・ピーコックオックスフォード大学出版局
オックスフォード大学出版局に教育サービスコンサルタントとして勤務し、オックスフォード・ティーチャーズ・アカデミーのコースコーディネーターを務めています。日本において15年以上にわたる、幅広い年齢層の学習者への指導経験および教員サポート、ワークショップの運営経験を有しています。
タイトル児童向け教科横断型授業のためのアクティブラーニング

一般的に、人は聞いたことの20%しか覚えておらず、自分が言ったり書いたりしたことの70%を覚えていると言われますが、実際にそうでしょうか?

このプレゼンテーションでは、児童を対象とする外国語としての英語の授業における教科横断型授業の利点を振り返り、アクティブラーニングの重要性について考察していきます。Oxford Read and Discover を使い、講義形式で受ける学習情報と、アクティビティを通して得る学びの違いを体験していただきます。最終的に講義形式の授業とアクティブラーニングのどちらがより効果的か評価します。

Presentation Schedule:
2月11日 大阪 / 2月24日 仙台 / 3月4日 札幌 / 3月10日 鹿児島 / 3月11日 福岡 / 3月18日 名古屋
写真
芦川尚子オックスフォード大学出版局
芦川尚子は、オックスフォード大学出版局に勤務。10年以上の英語指導と教師トレーニングの経験を活かした親しみやすいプレゼンテーションに定評があります。
タイトル子どもたちの学ぶ力を養う秘訣
普段のレッスンは、子どもたちにとって先生の質問に答えるだけの受け身の授業になっていませんか?このプレゼンテーションでは、有意義なレッスンの在り方について皆さんと考察します。また、仲間との協働作業を通して子どもたちに自信をつけさせるためのアクティビティなどを取り上げ、子どもたちの発話量を増やすアイデアや、子どもたちを自律した英語学習者に導くための方法をご紹介します。
Presentation Schedule:
3月3日 岡山 / 3月10日 横浜

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。

(2017年12月15日更新)

特典

今回のワークショップにご参加いただいた方には、以下の特典をご用意しております。

予約特典

ご購入特典

  • 予約特典: 事前予約の上、ご参加いただいた方に、会場にてオックスフォード・オリジナル・スティッカーをプレゼント。
  • ご購入特典: 当日、会場にて10,000円(税込)以上お買い上げの方に、オックスフォード オリジナル・エコバッグを差し上げます。
  • 割引: 各会場にて弊社の教材を割引価格でご購入いただけます。

 
写真はイメージです。実際の色味やサイズと異なる場合がございます。

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
(2017年12月11日更新)