Oxford Teaching Workshop Series 2018

Motivate, Encourage and Empower:Smart approaches to help students grow as learners子供たちの成長を助け、学ぶ力を養う指導法

Kagoshima, March 10th Saturday鹿児島 3月10日(土)

Sunplaza Tenmonkan2F NC Sunplaza, 2-30 Higashi sengoku-cho, Kagoshima-shi

20 min. walk from Kagoshima Chuo Sta. 2 min. walk from TENMONKAN-DORI Tram Stop

サンプラザ天文館鹿児島市東千石町 2-30 NCサンプラザ 2F

鹿児島中央駅より 徒歩20分。鹿児島市電天文館通駅より徒歩2分

10:00
Doors Open
10:30 - 11:20
Rob Peacock
Active Learning for the Primary Cross-Curricular Classroom 児童向け教科横断型授業のためのアクティブラーニング
We often hear that people remember 20% of what they hear and 70% of what they say and write, but is this true? In this session, after reviewing the benefits of cross-curricular classes for the primary EFL classroom, we will look at the importance of active learning. Using material from Oxford Read and Discover, participants will have a chance to experience the difference between learning information through lecture and learning through activities. Finally, we will assess whether the lecture-based approach or active learning is more effective.

一般的に、人は聞いたことの20%しか覚えておらず、自分が言ったり書いたりしたことの70%を覚えていると言われますが、実際にそうでしょうか?

このプレゼンテーションでは、児童を対象とする外国語としての英語の授業における教科横断型授業の利点を振り返り、アクティブラーニングの重要性について考察していきます。Oxford Read and Discover を使い、講義形式で受ける学習情報と、アクティビティを通して得る学びの違いを体験していただきます。最終的に講義形式の授業とアクティブラーニングのどちらがより効果的か評価します。

11:40 - 12:30
Daryl Haywood
Balancing Expectations: Strategies for Making the Most of the Time and Resources Available 期待と現実のバランスを取る
One of the most difficult aspects of teaching is setting realistic goals. This workshop will explore some of the common challenges that teachers face in trying to balance expectations vs. outcomes. After discussing strategies for effectively using the time and materials provided to achieve the best possible outcomes, Daryl will show how incremental long-term growth and skill development should be prioritized over short-term expectations. Practical examples will be provided of how the presenter has achieved this, with a focus on the transition period from phonics based programs to intensive 4 skills programs in later years.
授業中の指導において最も困難なことの一つは現実的な目標設定をすることです。先生が生徒に出来てほしいと思うことと、実際に生徒ができるようになることのバランスを取ろうとするときに直面しやすい課題について検証していきます。与えられた時間と教材を効果的に使い、最大の効果を引き出すにはどうしたらよいかについて考えてみましょう。短期的に結果を求めるだけではなく、時間をかけた長期的な育成とスキル強化は非常に重要です。実際に、フォニックスを基本とする授業から4技能育成型授業へ、いかにスムーズに移行させることができたかを、経験を基に例を挙げながらお話しします。
12:30 - 13:30
Lunch Break
13:30 - 14:20
Kathleen Kampa and Charles Vilina
Are Your Students Listening? 子どもたちは集中して聞いていますか?

Do you feel that your students aren’t listening as carefully as they used to? Modern technology and the fast pace of life are partly to blame. How can we help our students to pay attention and really listen?

Kathleen Kampa and Charles Vilina will demonstrate practical ways to help your students become better listeners – and better speakers. Learn a variety of listening strategies using vocabulary, grammar, songs, and stories from their new course, Everybody Up 2nd Edition.

子どもたちが以前に比べて先生の話を集中して聞かなくなったと感じることはありますか?テクノロジーの普及やペースの速い生活が、子どもたちの気を散らす要因となっているとも言えるでしょう。生徒たちの注意を引き付け、集中して話を聞かせるようにするにはどうすればよいでしょうか。

このプレゼンテーションでは、集中して聞くことができるように、そしてもっと上手く話せるように、教師は実際にどのように指導するべきかをデモンストレーションします。Everybody Up (第2版)の語彙、文法、歌、ストーリーを取り上げながら、リスニング強化のための様々な指導法をご紹介します。

*Schedule and content are subject to change without prior notice. 内容は予告なく変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください

For more details and pre-registration, please visit our website.詳細および事前予約は弊社ウェブサイトで。

www.oupjapan.co.jp/kidsclub/otws2018