OXFORD UNIVERSITY PRESS

オックスフォード・リーディング・ツリー 多読ワークショップ 2019 金沢

「日本の中学・高等学校でのオックスフォード・リーディング・ツリー活用法講座」

読み聞かせや多読用としてオックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)をお使いの方、またはORTなどの絵本を使った多読授業にご興味のある中学・高等学校の先生方向けのワークショップです。ワークショップへの参加費は無料。

本講座の主な対象は中学・高等学校の先生方ですが、趣旨にご賛同頂ければどなたでもご参加いただけます。

当日会場では、オックスフォードの教材を展示・販売いたします。展示教材は最大20%OFFにて販売。お支払いには、現金および各種クレジットカードをご利用いただけます。

参加費:無料
定員:30名<先着順・要事前予約>
※お席数に限りがございますので、どうぞお早めにお申し込みください。

register nowご予約はこちらから

日時: 
2019年2月9日(土)
会場: 

金沢勤労者プラザ 4階 405研修室
金沢市北安江 3-2-20

会場地図: 

プレゼンターご紹介 (敬称略)

Mr. Tanaka
田中十督  西南学院中学校・高等学校(福岡県) 現在、高等学校所属

中高一貫校英語教師20年目、現在高校1年生担当。大の洋楽好きが高じ、洋画や米英コメディに慣れ親しんで中高大時代を過ごす。就職後、同時通訳トレーニングとの出会いをきっかけに、北米ニュースを教材にし、同時通訳トレーニングに没頭する。そんな中、学校での受験英語一辺倒の指導に疑問を感じ、生徒たちに生の英語に触れる喜びを感じるオーガニックな語学指導を、と、模索と実践を重ね、現在に至る。All in Englishでの授業実践は5年目。ORTの実践、英英辞典の活用などを通して、4技能を包括的に伸ばす指導を展開中。

プレゼンテーション:生徒の視点から見るORT~生徒はどう思ってORTを読んでいる?
今年のORTワークショップでは、生徒たちが実際にどんなふうに感じながら、ORT多読に取り組んでいるかを、生徒の観点からシェアする時間にしたいと思っています。生徒たちが肌で感じること、どんなことを思い、何を考えながらORT多読に取り組んでいるか、その実態について、皆さんとシェアできれば、と思っています。

Mr. Nishiyama
西山哲郎  東大寺学園中・高等学校(奈良県) 今年度中学3年生担当

大の洋画、洋楽好きが高じ、中学時代から英語教師を志す。その夢が叶い、大学卒業以来「英語で楽しむ」をモットーに私学の教壇に立ち続けている。これまでの教員としての経験を謙虚に分析し、自身の英語学習を日々の授業に反映させ、既成概念に囚われず、勇気をもって授業改善に臨んでいる。授業改善に踏み切ることになったきっかけは、自身の偏った指導方法を顧みた際、子供たちがのびやかに英語を学べていないと気付いたこと。それ以来、ORTをはじめとする多読多聴、英英辞書、生のスピーチ素材、多話多書などをふんだんに取り入れながら、英語を楽しむ授業を念頭に置き教壇に立つようにしている。

プレゼンテーション:ORTとともに始まる大人のマインドセット
これまでのORTワークショップではORTを用いた多読多聴で子供たちがどのように変化していくのかについてお話させていただきました。今回はORTが導く大人のマインドセットについてお話しいたします。大学入試改革などでは学びの3要素そして英語4技能が求められていますが、これからの時代に対応してくために最も求められる要素は教える側の変化です。ORTと切り開く未来について一緒に考えましょう。

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。

10:20 開場 
*セキュリティの関係上、開場以降のご来場にご協力くださいますようお願いいたします。
10:50 ご挨拶
11:00-12:00 生徒の視点から見るORT~生徒はどう思ってORTを読んでいる?
プレゼンター:田中十督(西南学院中学校・高等学校-福岡)
(言語:日本語)
12:00-13:00 昼食
13:00-13:15 ORTについて
13:15-14:15 ORTとともに始まる大人のマインドセット
プレゼンター:西山哲郎(東大寺学園中・高等学校-奈良)
(言語:日本語)
14:30-15:00 多読実践
15:00-15:30 質疑応答
16:00 閉場

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。