OXFORD UNIVERSITY PRESS

【横浜】オックスフォード大学出版局&数研出版 中学高等学校教員向けセミナー 2019

オックスフォード大学出版局&数研出版 中学高等学校教員向けセミナー2019 講師・プレゼンテーション

日程 2019年12月1日(日)
開場 10:00
会場 AP横浜駅西口 Hルーム
神奈川県横浜市西区北幸2-6-1
ONEST横浜西口ビル 6F地図
JR横浜駅 西口 徒歩6分市営地下鉄横浜駅 徒歩3分
対象 英語教育に携わる中学校・高等学校の先生
参加費 午前有料(税込200円)、午後無料(交通費、宿泊費、駐車場代などの支給はございません)

以下のフォームに必要事項をご入力のうえお申し込みください。

お申し込みフォーム

FAXでのお申し込みをご希望の方はこちらからダウンロードしてください。

プログラム
10:00 受付開始
10:15 – 11:45 増見 敦次期学習指導要領「外国語教育の抜本的強化」に立ち向かうために―「やり取り」の先にあるものは?―
11:45 - 12:45 休憩
12:45 – 13:30 栗下 典子多読を活用した4技能統合型授業の成果とその進め方
13:30 – 13:45 休憩
13:45 – 14:30 江口 智紀Q Skills for Successを用いた授業
14:30 – 14:45 休憩
14:45 – 16:15 ワークショップCommunity for Success Workshop

以下のフォームに必要事項をご入力のうえお申し込みください。

お申し込みフォーム

FAXでのお申し込みをご希望の方はこちらからダウンロードしてください。

講師と内容

写真
増見 敦 (Atsushi Masumi)神戸大学 附属中等教育学校 教諭

神戸市立高等学校(市立赤塚山高等学校,市立葺合高等学校)で19年間の勤務後,神戸大学附属中等教育学校へ(現在8年目)。後期課程(高校課程)の新設にあたり,英語科主任,学年主任等を務める。「テーマ単元学習を核とした技能統合型授業」を軸に「語彙力育成」「英語多読の推進」「話すこと・書くことの流暢性育成」「論理性の育成」等をねらいとした授業を展開。関西英語教育学会理事(2015年度~2018年度)。高等学校用検定教科書『Revised BIG DIPPER English Communication Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ」(数研出版)編集委員。

プレゼンテーション

次期学習指導要領「外国語教育の抜本的強化」に立ち向かうために―「やり取り」の先にあるものは?―

次期学習指導要領では,「3つの資質・能力の育成」そして「外国語教育の抜本的強化」が目指されます。大きな課題を前に我々現場の教員は,毎日の授業をどう創り上げていけばよいのでしょうか。ここでは「単元の組み立て」「英語を使う場面の設定」「『やり取り』の意味」をキーワードに,実際の活動例もご紹介しつつ,これから求められる授業について先生方と一緒に考えてみたいと思っております。

写真
栗下 典子(Noriko Kurishita)岐阜県立郡上高等学校 教諭

岐阜県郡上市出身。アメリカ,ワシントン大学(University of Washington, WA, USA)にて言語学修士号,岐阜大学大学院教育学研究科にて教育学修士号修得。現在,岐阜県公立中学校,高等学校で英語教師として勤務。学校現場における英語のインプット不足を補うため,5年前より多読を取り入れた授業を実践している。

プレゼンテーション

多読を活用した4技能統合型授業の成果とその進め方

多読による英語学習は,暗記による従来型学習よりもコミュニケーション力を育成する上で有効であることは知られているが,単なる黙読だけでは大量に読まなければその効果は現れにくいです。しかし,スピーキングやライティングなどのアウトプット活動と共に多読授業を仕組めばその効果は現れやすくなります。この発表においては,公立中学校3年生における多読を活用した授業の様子と,4技能を統合的に育成した成果をテスト結果と生徒の声から紹介します。

写真
江口 智紀(Tomonori Eguchi)佐賀県立佐賀西高等学校 教諭

広島大学教育学部卒業。佐賀県立佐賀西高等学校に勤務。教員18年目。第60回九州地区英語教育研究大会(佐賀大会)において公開授業を担当。平成26年度英語教員海外派遣研修参加。文部科学省英語教育推進リーダー。

プレゼンテーション

Q Skills for Successを用いた授業

Q Skills for Successを用いるようになった背景や、その教材を用いた授業の実際をお伝えするとともに、授業の一部分をワークショップ形式でお示しします。また、実際の生徒の様子等も動画でお伝えできればと考えています。

ワークショップ
Community for Success Workshop

日々の授業でお悩みの課題や、成功した活動例などを他校の先生方と意見交換していただける場を設けました。経験豊かな講師がセッションをリードしながら出席者の方々にもご参加いただき、現場で生まれるリアルな疑問や課題を、みなさんと一緒に考えていく参加型のワークショップを行います。詳しい内容はこちら

ファシリテーター:江口 智紀(Tomonori Eguchi)

※内容は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
2019年8月27日更新